西船橋子どもミュージカル
Home > 過去の公演

過去の公演

2016 第17回公演 『なんなんとうに雪がふる』

ミュージカル

 

なんなんとうに雪がふる

 

 

公演無事終了!

昼1時 虹     816名
夜5時 宙     587名
総来場者数   1403名 

たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました
 

 

 

2016年 5月 1日(日)

 

船橋市民文化ホール

  

 

あの日うれしかったことを、

ねえ、思い出して・・・

 

 

なっちゃんの家に、ある日、ななちゃんという

小さな女の子がやってきます。
妹ができる!とよろこぶなっちゃんですが、
ななちゃんはちょっと不思議な女の子でした。

 

とつぜん雪を降らせたり、ようせいの“ぼっちぼっち”を

よびだしたり・・・
ふしぎなななちゃんをめぐって探偵団があらわれたり
伝説の大男があらわれたり。

 

  

さあ、いつもの公園をとびだして

こどもたちの冒険がはじまります!

2015 第16回公演 『ロンの花園』

ミュージカル
 
ロンの花園
 
山崎陽子作 「ひとりぼっちのおおかみ」(太平出版社刊)より

公演無事終了しました♪

昼 1時     虹組 802名
夕 5時半   宙組 617名

総来場者数    1419名
 
たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました。

2015年3月27日(金)

会場;船橋市民文化ホール
入場料;1500円(全自由席) 

 

ロンは花が大好きな心やさしいおおかみ。
ひとりぼっちで、岩山に花園を作っています。

ある日、悪いことで有名なおおかみのガンガや
目の見えないウサギのミミと友達になります。

一方、「おおかみはおそろしい」と決めつけている村の動物たちは ロンが作った花園を自分たちを捕まえる罠に違いないと大騒ぎし始めます。
その時、ロン・ガンガ・ミミは・・・・・。

友だちを思う 優しさ 勇気 思いやり きれいな気持ちが輝きます

2014 15周年記念公演「新・魔女バンバ」

ミュージカル

新・魔女バンバ

公演無事終了!

虹組(昼1時)  949名
宙組(夕5時)  878名
総来場者数  1827名

  
たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました。

 
日時; 2014年3月21日(金祝)

昼1時 虹組
開演

夕5時 宙組開演

(上演時間約2時間・途中15分間の休憩あり)
 
メ インはダブルキャストです

会場;船橋市民文化ホール

入場料;1500円(全自由席) 


不安や恐怖、疑いや憎しみ・・・ 人の心に住みつく暗い影を探しては、 子どもたちを魔女にして支配してしまおうと企む魔女、バンバ。
村のお祭りの準備で集まった子どもたちは、 仲間同士で対立したり、 不安や恐怖から心の暗闇を取り去ることが出来ずにいます。
魔女の恐怖が近付く中、 天使のポポロは力をなくし雲から落っこちてしまいますが、 力を振り絞って子どもたちに呼びかけます。
「小さな光さえあればどんな暗闇にも負けはしない。 さあ明るい笑顔で歌うんだ!あの歌を!」

 

2013 第14回公演「ピエロ人形の詩」

ミュージカル

ピエロ人形の詩

公演無事終了!

虹組11:30  652名
宙組15:00  564名
星組18:30  575名
総来場者数  1791名 

たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました。

 
日時;2013年3月27日(水)
   
虹組11:30
宙組
15:00
星組
18:30 開演
 
メインはトリプルキャストです♪

会場;船橋市民文化ホール

入場料;1500円(全自由席) 


ひとりぼっちの少女ナナは、いじわるでひねくれもの。
みんなから嫌われ、誰も相手にしてくれません。
ある日ナナは果物屋でリンゴを盗みますが、
ピエロに出会って不思議な体験をします。
小犬に案内されて、猫やクモたちの世界を見たり・・・。
さあ、そのうち大変なことが起こってしまいます。  
 

2012 第13回公演「ロビンソン*ロビンソン」

ミュージカル

ロビンソン*ロビンソン

公演無事終了!

昼14:00の部  779名
夕17:30の部  708名
総来場者数   1487名 

たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました。


日時;2012年3月25日(日)


昼14:00/夕17:30 開演

入場料;1000円(全自由席)

会場;市川市市民会館

 
人間とロボット、どこが違うの?
ロビンソンがロボットだなんて、
一度も考えたことなかった。

ロビンソンは、大切な家族よ…。

赤いバラを胸に、幼いリリーのもとへやって来たのは
ロボットのロビンソン。

その日からずーっと一緒だった二人。
友達のように親子のように兄弟のように。

14歳になったリリーは、夜明けの窓辺で
思い出の中のロビンソンに歌いかける。

2011 第12回公演 「桃太郎!」

ミュージカル桃太郎!

 公演無事終了!

昼2時の部    900名
夜6時の部    759名
総来場者数   1659名 

たくさんのみなさまにご来場いただき
本当にありがとうございました。

日時;2011年8月17日(水)


昼2時/夜6時開演


会場;船橋市民文化ホール

入場料;1000円(全自由席)

「僕はどうして桃からうまれたんだろう…」
みんなが良く知っている日本の昔話が、
歌やダンスがいっぱいの
まったく新しいミュージカルになりました。
鬼が島へ鬼退治にでかけることになった桃太郎。
「僕、がんばるよ。
神様がぼくにくれた力を信じてみる!」
…さあ、犬・猿・雉を連れて冒険が始まります。

2010 第11回公演 「夜空の虹」

たくさんの方にご来場いただき、
ありがとうございました。

ミュージカル
 
夜空の虹


日時;2010年3月30日(火)
星組 11:30/宙組 14:30/虹組 18:30 開演
会場;行徳文化ホールI&I(東西線「行徳駅」徒歩5分)


美しい心から生まれた一途な愛が、
夜空に虹を輝かせる友情物語

華やかに着飾った世界各国から集めた数々の人形達。
その中で1人、地味な身なりの粘土人形、アンナ。
人形達を眺めて暮らす一人ぼっちのネズミ、ムームは、着飾らないアンアの心が一番美しいことを知って惹かれます。
ムームとアンナは友達になって、楽しい日々を過ごしますが・・・ある日アンナの祈りを聞いたムームは本当の友情のために決断します。

2009 10周年記念公演 「新・魔女バンバ」

平和な村にある日突然、魔女のバンバが現れます。バンバは悪魔の大王さまに「いけにえ」をささげるため、村の女の子たちをひとりのこらずさらっていこうとします。かわいそうに子供たちは逃げることもできず魔女バンバの魔法にかかってしまいます。さあ、女の子たちはどうなるのでしょう。

2008 第9回公演 「ロンの花園」

ロンは花が大好きな心やさしいおおかみ。ある日、悪いことで有名なおおかみのガンガや目の見えないうさぎのミミと友だちになります。一方、「おおかみはおそろしい」と決めつけている村の動物たちはロンが作った花園を自分たちを捕まえる罠にちがいないと大騒ぎし始めます。友だちを思う やさしさ 勇気 思いやり きれいな気持ちが輝きます。

2007 第8回公演 「あまんじゃくの桜貝」

村につたわる伝説『あまんじゃく』 のように、なんでも反対せずにはいられない少年ゲンタは、村の皆から"あまんじゃく"と呼ばれ、きらわれていました。ゲンタは、村にやってきたサチという少女と、友だちになりたいと思いますが、やはり口から飛び出すのは、気持ちとは反対の言葉ばかり。サチは、ゲンタに、さくら貝のある場所を教えてほしいとたのみますが・

2006 第7回公演 「ロビンソン*ロビンソン」

「人間とロボット、どこが違うの?」「ロビンソンがロボットだなんて、一度も考えたことなかった」「ロビンソンは、大切な家族よ」形はどうであっても、決して人間にはなり得ない、人間にしか備わっていない大切なものを、ロボットを通して教えてくれるミュージカル作品で、人間とロボットが共存することの楽しさの中に限りない「人間讃歌」を謳い上げています。

2005 第6回公演 「ハルニレの木の下で」

風がつれてきてくれる、このやさしい気持ち。花の匂い、葉っぱの歌、やわらかな土のあたたかさ。こころがどんどんとうめいになっていくのがわかるよ。
大人たちの争いに巻き込まれてしまった子供たちの傷ついた心が、豊かな自然にふれることによって、本来の明るさや強さを取り戻していく姿を楽しい歌と踊りにのせてお届けします。

2004 第5回公演 「ピエロ人形の詩」

ひとりぼっちの少女ナナは、いじわるで、ひねくれもの…
みんなから嫌われ、誰も相手にしてくれません。ある日ナナは果物屋でリンゴを盗みますが、ピエロ人形に出会って不思議な体験をします。子犬に案内されて、猫やクモたちの世界を見たり…さあ、そのうちに大変なことが起こってしまいます。

2003 第4回公演 「夜空の虹」

美しいけれどごう慢な人形たちとカナリア。どんなにばかにされ、笑われてもアンナは純粋な心を失いません。そんな人形たちに腹をたてる仲良しのム-ム。そして、アンナがムームに頼んだこととは!?本当の友情と愛することの素晴らしさをみんなに教えてくれたアンナ。
夜空にかかった虹の橋が、あなたにも見えるでしょうか。

2002 第3回公演 「アナザーワールド」

---もうひとつの世界への冒険---
近未来の子ども達が発見した、もうひとつの世界。
同じ顔、同じ瞳の子ども達がそこで見たものは・・・
現代も直面しているテーマを、歌とダンスでつづるミュージカルファンタジーです。

2001 第2回公演 「魔女バンバ」

平和な村にある日突然、魔女のバンバが現れます。バンバは悪魔の大王さまに「いけにえ」をささげるため、村の女の子たちをひとりのこらずさらっていこうとします。かわいそうに子供たちは逃げることもできず魔女バンバの魔法にかかってしまいます。さあ、女の子たちはどうなるのでしょう。

2000 第1回公演 「あたたかい心」

二人の貧しい花売り姉妹・・・みんなにいじめられ、仲間にいれてもらえません。ある日、この町にえらい将軍さまがやってきます。町中の子供たちはきれいに着飾って将軍さまをお迎えするのですが、貧しい二人の姉妹はきれいなお洋服を着ることもできません。でも、やさしい将軍さまは二人にあたたかい手をさしのべます。そして二人に大変なことがおこります!

お問い合わせフォーム
ブログ更新情報
ブログを見る

携帯サイト用QRコード

西船橋子どもミュージカルモバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。