業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月07日 [FAQ]

屋根葺き替えはどのような流れで行われますか?

自宅の屋根のことが最近気になっていて、古くなっていて、雨漏りをすることもあるため、せっかくなので新しい屋根にしたくて調べてみると、屋根の葺き替えを依頼すればいいことが分かりました。
しかし、屋根の工事に関する知識がほとんどなく、屋根葺き替えが具体的にどういうことなのかもよく分かっていないので、実際に屋根の葺き替えを業者に依頼すると、どのような流れで工事が進められていくのか教えてください。

回答

既存の屋根材を撤去して新しい屋根材の施工をします


屋根葺き替えを依頼するきっかけとしては、屋根に不具合が生じているか、現在の屋根のデザインや機能に不満を抱えていて新しい屋根にしたいときなどであり、まずは業者に相談をして、現在の屋根についてチェックしてもらうとよいです。
屋根の劣化状況によっては今すぐにでも屋根葺き替えをしたほうがよいというケースも有り、自分で屋根の状態について判断することはなかなか難しいため、業者に来てもらって、実際に確認してもらいましょう。
屋根葺き替えをすることになったならば、新しい屋根材をどうするのか決めることになり、これまでと同じ屋根材を使うケースもあれば、今までとはまったく別の屋根材にすることもできます。
契約をして打ち合わせを終えて実際に工事を始める段階になったならば、まずは既存の屋根材をすべて撤去することになり、次に野地板や下地の補強や強化をすることになり、これは屋根の基礎となる部分であり、傷みや破損が残ったままだとトラブルの原因となるため、しっかりと修繕をします。
野地板や下地の強化をしっかりと行ったならば、次に防水シートを張替えすることになり、これはとても重要な役割を果たすものであり、防水シートがあるおかげで屋根材や建材を水からしっかりと守ることができるのです。
そして、屋根材を設置することになるのですが、屋根材の種類によって施工の方法はまったく異なっているため、それぞれの屋根材ごとに適切な方法によって施工していくことになり、その際には熟練した技術を持っている職人が担当して、丁寧に作業を進めていきます。最後には葺き替え工事においてどこにも問題がないのかしっかりと確認をして、足場の解体と撤去をすれば、工事を終えて新しい屋根が完成するのですが、その後に何か問題があれば施工した業者にアフターフォローを頼むこともできます。
また、工事の際には天候はとても重要であり、万が一、雨が降るようなことがあれば、工事が中止となって、工事が延期されることもあるため、天候には注意しましょう。

PageTop