業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

屋根の葺き替えを依頼する業者の注意点とは?

はじめて自分で家の屋根の上を目にして、ある程度予想はしていましたが、悪い意味で予想をはるかに超えてきて、屋根に関しては全くの素人ですが、これは修理や塗装などのメンテナンスでは済まないことを認識しました。
前に叔父さんが古くなった屋根の葺き替えをして、多額な費用がかかったことを聞いていたので、目の前が真っ白になりましたが、先輩である叔父さんからその時の詳しい事情を聞いてみると、自分にはその時に何の知識もなくて、適当に選んだ屋根業者にお願いしてしまって、事前にきちんと見積りを取らなかったから失敗しただけで、きちんと最初にいろいろな業者から見積りを取って、安くて安心して任せられる業者に依頼すれば大丈夫だと言われてホッとしました。
ただし、安さだけで屋根の葺き替え工事を依頼すると、酷い目に遭う可能性もあるので気を付けなければいけないことも教わって、この業界には悪徳業者が結構多いことが分かりました。
さらに依頼する業者によって、技術にもかなり違いがあって、同じ屋根材を使っても仕上がりが全然違ってくるということですが、悪徳業者に騙されない方法と、こんな業者には依頼しない方がいいという注意点があれば教えてください。


回答

他社の提案に合わせようとする業者には注意を。


屋根業者に限りませんが、飛び込みで営業をかけてくる業者に悪徳業者が多いことは広く知られています。
訪問販売が絶対にいけないわけではありませんが、屋根の葺き替えを依頼できる業者は全国にたくさんありますので、わざわざ騙される可能性が高い方を選択する必要はありません。
飛び込みで来た業者には、たとえ無料点検だけと言われても、取り合わないのが一番賢い扱い方です。
屋根の葺き替えをする場合は、1社だけではなく、できるだけ多くの業者から見積りを取るのが、信頼できて安く工事をしてくれる工事業者を見つけるコツですが、この時に極端に安い金額を伝えてくる業者とは付き合わない方がいいでしょう。
特に他社の金額を伝えた後で、大幅な値引きをして見積書を出してくれなかったり、見積書に詳細がきちんと書かれていない場合は、候補からすぐに除外してください。
他社が提出した見積内容の通りに施工をしようとする業者にも注意が必要で、価格競争を促すのは悪くはありませんが、見積りを依頼する業者には、一から独自の提案を要求して見積書を出してもらいましょう。

PageTop