業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

屋根屋さん選びのポイントは?

先日近所に住んでいるママ友から、うちの屋根が剥がれかかっているみたいと言われました。
ママ友も他の家の人からそのことを聞いたそうで、もしかすると私が気づいていないかもしれないからといってわざわざ家まで来てくれました。
確かに以前台風がきた際に、屋根から大きな音がしたことがあったので、多分そのときに負ったダメージだと予想されますが、ママ友曰く多少時間が経っていても、火災保険に入っていればそれで修理できると思うと、親切にいろいろアドバイスまでしてくれました。
残念ながら信頼できる屋根屋さんまでは知らないということで、主人にも相談して早速屋根修理業者を見つけて連絡しようと思っているのですが、本当に保険で修理代を賄えるとも限りませんし、保険が適用になっても自己負担分も出るかと思うと、そのときのことも考えて、少しでも修理代が安い業者に依頼したいと思います。
それと、家を建ててからまだ一度も屋根の塗装や修繕もしていないので、今後も安心して任せられるような、できるだけ腕の良い業者にお願いしたいと思っています。
ネットで検索してみると、私が住んでいる地域にも屋根修理業者は複数あるのですが、修理代や今後のメンテナンス代も安くて信頼できる屋根屋さん選びのポイントを教えてください。


回答

中間マージンがかかない業者を選択しましょう。


屋根の修理やメンテナンスをしてもらえる業者さんには、板金業者、塗装業者、工務店、リフォーム会社、建設会社など様々な種類があります。
確かに火災保険が適用されることになり、自己負担なしで屋根の修理だけを依頼するのであれば、値段は度外視して、腕の良さだけで屋根屋さんを選択すればいいわけですが、修理代がかかるかもしれないことや、今後メンテナンスも継続して依頼するのであれば、工事費用も安価で、地域に密着していて、技術面でも優れている業者を選択したいものです。
価格の面でいくと、元請け業者を選ぶことがポイントになり、地元の工務店やリフォーム会社や建設会社などは、大抵工事はすべて下請けを雇って自分たちは中間マージンを利益にするため、候補から除外した方がいいでしょう。
インターネットで検索すれば、屋根の塗装もメンテナンスも修理も葺き替え工事なども全部自社で請け負うことを謳っている業者があると思いますので、そのような業者をいくつかピックアップして、あとは直接問い合わせて相見積もりをとりながら、対応の良さも確認することで、満足いく業者選びができるでしょう。

PageTop