業者選びに役に立つ屋根葺き替えに関連した業者をご紹介します。

屋根修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

屋根の葺き替えで保険適用や助成金などはありますか?

住居のリフォームの一環で、屋根の葺き替えも考えています。
基準に沿った家のリフォームであれば、自治体から補助金がでると聞きました。また、修繕という名目であれば火災保険の適用も可能と聞きました。こちらはどのくらい保険でまかなえるのでしょうか?詳細を教えていただきたいです。


回答

自治体によっては屋根葺き替えリフォームでも助成金や補助金が出ます。


ご自宅のリフォームは、大きな規模でも小さな範囲だったとしても結構なお金がかかります。そして多くの場合、新しい素材、新しい機械などを導入されることでしょう。それはすなわち、環境への負荷が低くなることと同義なのです。
こういった視点から、多くの自治体で、リフォームに対する助成金や補助金の制度が存在します。自治体の提供する屋根リフォーム関連の資金援助制度には「住宅リフォーム助成」「木造住宅耐震改修補助」「省エネ改修補助」といったものがあります。名称はそれぞれの自治体で異なりますので、まずはお住まいの自治体のホームページでチェックしましょう。
ここでのポイントですが、「助成金」は仕組み通りに申請すれば確実に資金援助を受けられます。「補助金」は申請後に審査があり、その結果次第では必ずしも受け取れるものではない点に注意しましょう。リフォーム業者とうまく連携し、書類などは不備なく提出したいところです。
また、上記どちらの申請にも「本人」の申請が必至になります。業者任せにはできません。空いた時間を見つけて役所・役場に行くようにしましょう。
省エネ改修補助であれば、屋根断熱工事や屋根カバー工事が対象になります。木造住宅耐震改修補助であれば、瓦屋根から他の屋根材への葺き替えが対象になります。もともと瓦屋根の住宅、という点に注意が必要です。
住宅リフォーム助成は一般的にリフォーム全般が対象ですが、これも自治体によって個性があり、融資対象も様々なので、事前調査が重要になります。自治体の担当課に直接相談しても良いでしょう。
また火災保険の保険適用ですが、こちらは風災保証特約がご自身の保険についているかを確認しましょう。ついている場合、屋根のリフォームに適用できる可能性が高まります。経験のあるリフォーム業者であれば、どんな場合に適用対象になるかを把握しているので、ぜひとも相談に乗ってもらいましょう。

PageTop